競馬の遊び方日記

競馬を予想し楽しみます。予想の情報など掲載します。

菊花賞G1の予想

菊花賞G1の予想をしていきたいと思います。

先週の秋華賞みたいに本命的中させたいところです。

 

まず、今年の菊花賞はサートゥルナーリアという3歳王者的存在が出ていなくて、推定1番人気のヴェロックスをどう評価するなどやはり、難しいです。

ヴェロックスに人気が集中すると思いますが、個人的には、かなりの混戦になると思います。

 

そこでの私の本命◎ヒシゲッコウです。

この馬はまず成績が3−0–1–0と馬券内外したことがありません。

次に4戦全て上がり最速のタイムを刻んでいます。勝った3勝は全て4角で外を走らされて勝っています。

唯一負けたプリンシパルSは直線で前が壁になり、なかなか前に出れない中の上がり最速の3着ですので、かなりの脚を持っていることがわかります。

そしてノーザンFであり、今まで乗せてきた鞍上が超1流なので、陣営側からも期待はされているはず。

少し弱点に感じるエンジンのかかりが遅いところを、京都の3〜4角まで下り坂なので、京都は合うと思います。

輸送に関しても札幌、函館と経験しているので大丈夫です。

あとはスミヨン騎手を信じます。馬券内は確保してほしいです。

 

他にも有力馬がいますが、私はこの馬で勝負します。